<< 後藤よしのりに興味津々となったのはゴトー式口説きの赤本! | main | ”後藤よしのり”が言う口説きと惚れさせ〜 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: yg-kyoumi | - | - |

    ではゴトー式口説きの赤本を拝読するスタート!

    0
       ゴトー式口説きの赤本だけじゃないが、こういう本は眉唾なのが常だ。
      当たり前なことがびっしり書かれていたりして、数ページのみで嫌悪感さえ覚えたり…
      しかし、ゴトー式口説きの赤本の拝読をスタートすると目が覚める文言が多く後藤よしのりの人生に惹かれるから不思議だ。

      その目が覚める文言の最初が「社会は平等になどできていない」
      まさにそうですよね。このような切り込み方だと、元来の本嫌いでも惹かれる。
      ここでは、大手商社による外国人とのある商談にて、接待用にアダルト女優を用意したという一例などで、現代社会は見た目重視型であることが示されている。
      私はここで脱落組。頭にくるがなぜか読み続けたくなる後藤よしのりの文言のオンパレード。魔法に近いですよ。

      推測ですが、後藤よしのりという人間はモテない立場とモテる立場の両方を経験しているような気がするのですよ。

      そして、「自分自身が積極的にならなくても、自動的に知り合いの数が増えないかな…」
      この文言にはぐさりときました。私がそういうスタンスですから(笑)
      ずるいんですよね、他力本願なスタンスというのは。

      さらに、、自分自身が積極的にならなくても、話しかけたときに女性が無視しない、概ね笑顔で対応してくれる… これまたぐさり。。。
      なんとなく他力本願な期待感が浮遊しちゃいますよね。

      モテない人は他力本願な期待感で精進が足りない。
      モテる人は寂しい者達を自ら見つけてあげている。

      すごいですね、これらの後藤よしのりの悪い文言なども格別です。

      ゴトー式口説きの赤本ですが、ブログでの紹介はつづく〜〜〜
      posted by: yg-kyoumi | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: yg-kyoumi | - | - |
        コメント