スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: yg-kyoumi | - | - |

    後藤よしのりに興味津々となったのはゴトー式口説きの赤本!

    1
     普通公式ホームページでも見れば一目瞭然で人としての”後藤よしのり”がわかりそうなものだが、名刺デザインのようになぜか表示されない。紹介することはたくさんあるが…諦める。
    そこで別に調べ上げましたところ重要となりそうな単語が早くも浮かび上がる。
    モテ男だとか風俗業コンサルティング、さらにナンバーワンホスト。はたまた過疎化地域の結婚問題などでは自治体絡みのコンサルティングまで・・・・・

    枚挙に遑がない。
    そして、おしゃれなイメージもブログもない?!後藤よしのりである。

    いろいろな内容がありますが、世間で認められにくい風俗業コンサルティングのようなものから、自治体絡みの仕事に行き……… このようにどう考えてもあり得ないバックボーンを持っているのだ。

    人生で後藤よしのりに興味津々となったのはゴトー式口説きの赤本!なのだが、これ系の本は眉唾なのが常だ。私もこれ系なら何でも興味津々となるほど暇人ではないが、先程書いたようにバックボーンが変わっていることでイメージが変わり、悪人と言われる後藤よしのりの人生に惹かれたのであり、ゴトー式口説きの赤本に繋がるわけだ。
    見た目やイメージだけではない!

    名刺デザインのつもりで紹介すると…自分は言うまでもなくもてないし、何か得られるのではないかと私の真剣さも相当なものだ。
    でもあまり期待はしたくない。正直なところ名刺作成をさせてもらったがおしゃれにならないし。
    このブログでは、後藤よしのりの何かがわかるといい…といったところか。
    尚、本を読むのがスローペースなのを付け加えておく。
    posted by: yg-kyoumi | comments(0) | - |

    ではゴトー式口説きの赤本を拝読するスタート!

    0
       ゴトー式口説きの赤本だけじゃないが、こういう本は眉唾なのが常だ。
      当たり前なことがびっしり書かれていたりして、数ページのみで嫌悪感さえ覚えたり…
      しかし、ゴトー式口説きの赤本の拝読をスタートすると目が覚める文言が多く後藤よしのりの人生に惹かれるから不思議だ。

      その目が覚める文言の最初が「社会は平等になどできていない」
      まさにそうですよね。このような切り込み方だと、元来の本嫌いでも惹かれる。
      ここでは、大手商社による外国人とのある商談にて、接待用にアダルト女優を用意したという一例などで、現代社会は見た目重視型であることが示されている。
      私はここで脱落組。頭にくるがなぜか読み続けたくなる後藤よしのりの文言のオンパレード。魔法に近いですよ。

      推測ですが、後藤よしのりという人間はモテない立場とモテる立場の両方を経験しているような気がするのですよ。

      そして、「自分自身が積極的にならなくても、自動的に知り合いの数が増えないかな…」
      この文言にはぐさりときました。私がそういうスタンスですから(笑)
      ずるいんですよね、他力本願なスタンスというのは。

      さらに、、自分自身が積極的にならなくても、話しかけたときに女性が無視しない、概ね笑顔で対応してくれる… これまたぐさり。。。
      なんとなく他力本願な期待感が浮遊しちゃいますよね。

      モテない人は他力本願な期待感で精進が足りない。
      モテる人は寂しい者達を自ら見つけてあげている。

      すごいですね、これらの後藤よしのりの悪い文言なども格別です。

      ゴトー式口説きの赤本ですが、ブログでの紹介はつづく〜〜〜
      posted by: yg-kyoumi | comments(0) | - |

      ”後藤よしのり”が言う口説きと惚れさせ〜

      0
         どうやら、”後藤よしのり”が言う二大柱は「口説きと惚れさせ〜」らしい。
        これらはまったくの別物と捉えねばならないと言うのだゴトー式口説きの赤本では。ひまひとつピンと来ないが、読み進もう。

        前者のほうでの後藤よしのりの提言はこうだ。言い訳を排除しきり口説きます!
        これまた書いてあることを読んでもピンと来ないが、前記事にて〜モテない人の特性として他力本願な期待感で精進が足りない〜と述べたが、それらに追加して〜言い訳癖〜が際立つということらしい。

        なんだか後藤よしのりに言い訳癖を否定されると、私の真剣具合も萎える。。
        私はまさに言い訳癖KINGみたいなところがあり、後藤よしのりと正反対だ。しかも自分はまったくそれを悪い癖などと捉えていないのだ。いや、しないヤツのほうが低レベルだとも。
        これらは多分に幼少時の記憶が影響しているのだと思われます。
        無実の罪で怒鳴られたり…しませんでしたか?エコヒイキとかも含めてね。
        そういう幼少時の記憶が、むしろ堂々と言い訳するべきだ!と意固地にさえさせる。

        野田佳彦総理大臣なんかが良い例だ。
        言い訳癖が皆無ですよね。しかし優秀か?_不退転の覚悟〜とか表面では立派な人を装っているが、結局はうそつきであり何も優秀ではない。
        むしろちゃんと言い訳して、だからそれは実現不可能なのです!と本音を披露していただきたいの私は。
        ちょっとむきになったが…読み進もう。


        口説きのプロセスが分割されているかどうか?これらの後藤よしのりの文言には惹かれる。
        ゴトー式口説きの赤本におきましての告白を。誰もが四苦八苦する厄介な・・・

        告白には御膳立てとしての誘惑!が絶対必須だと書かれていて、後藤よしのりによると御膳立ての存在しない告白は迷惑行為だとも。
        確かに私も、御膳立てもなく突如思い切ったような告白をした時があり、進展はなかった。上がってしまい平常心などすっ飛んでたから。

        口説きがヘタクソなのは、ふられるか受け入れられるか???という二択部分に焦点を絞りすぎなのが原因とも言う。上がってしまい平常心には程遠いわけだ。
        声を上ずらせて告白した場合、相手に好意が少々あれば初々しい効果が働くかもしれません。しかし、そんなのは十代まで。大の大人ではきもがられる。初々しくないし。。

        後藤よしのりによると、事前準備がばっちりなのが前提条件のようです。
        posted by: yg-kyoumi | comments(0) | - |

        名刺作成をさせてもらったのだが…

        0
          名刺作成では途中で名刺デザインのことなど思い代わりがある。後藤よしのりのパーフェクトなデザインだと思いきや、どうしても途中で迷路に迷い込むようです。(こちらのほうがおしゃれかな?とか、さっきの名刺デザインがBESTだったとか…よくあります)
          そういうこともありあまり期待はしたくないのだが、自分で名刺作成をさせてもらった。 次々にアイデアが湧き出てそこまでは順風満帆である。むしろ楽しい。 ところが、名刺デザインのことをおしゃれにさせたいと自分で名刺作成をさせていくと予想以上に迷い注文できないでしょう…。
          これについては注意しているつもりですが、なんだか後藤よしのりとしても、第一案の名刺デザインがBESTだったのではないか???と思ってしまいます。(これは性らしい・・・)

          さっさと注文するべきなんです!

          このように自分で名刺作成をさせてもらったが、最初ににBESTを出さないと、その後の試技は期待出来ないスポーツ選手みたいな感じもします。
          あくまでも確率問題だが、諦めるしかないらしい。

          まあ差し迫るほどでもないのでじっくり構えられたが、焦ると迷うことになりそうだ。もっと綺麗にとか…。
          言うまでもなく、第一案の名刺デザインがBESTだったなんてよくあることであり、残しておくべき。すぐに削除してはいけません。
          (後悔先に立たず。)
          posted by: yg-kyoumi | - | - |

          名刺デザインくらいはおしゃれにしたい(どうしたらより目立つか?)

          0
            ビッグビジネスにつながる可能性があるのですから、名刺デザインくらいはおしゃれにしたい。
            どうしてもライバルがいるので、その中で目立つことが必須だ。これは研究しておきたい。
            後藤よしのりはファッションに興味津々…ではないが、ビッグビジネスにつながることもある名刺作成のことなら話は別。しかしどうしたらより目立つか??

            名刺デザインをおしゃれに作成するはずが違う方向へ行くことありませんか!奇抜な色を選択してより目立とうなんて考えてもどこか違う方向へ。やりすぎてしまうのは後藤よしのりの得意技。。
            こちらも興味があるのですが、、綺麗に仕上げるにはやっぱりバランス感覚ですかね。
            (欲張りかもしれませんが、万人受けしてなおかつ目立つ♪)そんな名刺デザインが真のおしゃれなのでは?

            そしてまた、やっぱり色の選択がおしゃれにするためのポイントでしょう。
            少し寂しい色を選択すると逆に目立つことがあるから不思議だ。(結局は受け取る相手次第ですけど。)
            しかし完全矛盾ですよね、注意して下さい。
            万人受けして、なおかつその中で目立つ名刺なんて……デザインではやっぱりバランス感覚を磨かなければなりません。

             
            posted by: yg-kyoumi | - | - |

            ブログについて

            0
              こちらのブログは私の感想〜といった感じでその仕事や後藤よしのりの本からいろいろなことを読む〜という内容です。
              また、名刺のデザインをどうしたらいいのか?おしゃれに作成する方法を紹介します??

              個人的なブログなので自分の考えが書いてありますが掲示板ではありません。情報の中では最初のほうと言っていることが変わることもありますからお気をつけください。(注意しているつもりですが・・・)

              さて、、こちら作成したブログの記事の内容をまとめますと〜
              私が感じたこと! 名刺デザインのこと! 紹介します。
              こちらは人気でおすすめ⇒

              ご確認下さい。(最新情報もあります??!)


              ちなみに後藤よしのりさんについてですが・・・・・
              1968年、静岡県に生まれる。水商売、風俗業という特殊な仕事でのノウハウを持つことが特徴です。
              本を読むことをおすすめします☆
              -------------------------------------------------------------------------------------------
              posted by: yg-kyoumi | - | - |